実利用者研究機構(ジツケン)のご紹介

実利用者研究機構の活動について

実際の利用者には、様々な年齢、性別、能力の人がいます。私たち実利用者研究機構は、「利用者の実態とニーズの多様性に対する体系的な知識」と「安全と快適への異なるニーズを両立させる技術」が、企業や学校、社会で起きている様々な問題解決の鍵となることを発見し、その研究開発と教育を15年に渡り行ってきました。
私たちは、一人でも多くの企業や学校へその知識や技術が広がり、今ある製品や空間、サービスが変われば、「今まで様々な理由で大切なことを諦めなくてはいけなかった人々がもっと希望を持って生きていける社会」に繋がると信じています。

最近の活動報告

実利用者認証、コンサル指導・監修

使いやすさ検証済認証制度使いやすさ検証済認証制度

使いやすさ検証済認証制度®

「使いやすさ検証済」認証制度は、「使いやすさを決めるのは専門家やガイドラインではなく、普通の一般利用者である」という理念のもと、推理や憶測ではなく、「一般利用者の評価」を基軸に、科学的に真偽を確かめることを定めた、日本発祥の認証制度です。

使いやすさ検証済認証制度使いやすさ検証済認証制度

実利用者ユニバーサルデザイン認証

実際の利用者が今、一番困っていることや、今、一番実利用者に伝えたいことにフォーカスして、そこに至るまでの障がいを一つ一つ取り除き、確実な成果に結びつけることを目的に、「実利用者ユニバーサルデザイン認証」制度が生まれました。

アドバイザリ・監修アドバイザリ・監修

アドバイザリ・監修

実利用者に関する正しい情報の普及と、さまざまな利用者に届くコミュニケーション対応(情報保証)をサポートします。企業・行政へのコンサル指導・監修から、カタログやCM・情報番組、書籍や教材等などの指導・監修を行っています。

ユニバーサルデザインコーディネーター教育、資格検定、研修、情報発信

ユニビズユニビズ

ユニバーサルデザインコーディネーター教育&試験

ユニバーサルデザインコーディネーター業務では、本質的なユニバーサルデザインを実施できる「人」を育てるために、資格検定という基準を構築し、知識とスキル向上のための講習や検定を実施しています。企業研修や、学校のカリキュラムに導入されています。

We are Universal Design Coordinator !

ジツケンは、ユニバーサルデザインコーディネーターに関する情報を発信しています。
※ただいま準備中です。

ユニビズユニビズ

顧客視点体験型ユニバーサルデザイン研修「ユニビズ」

顧客視点体験型ユニバーサルデザイン研修「ユニビズ」。"ビジネスの現場で使える"ユニバーサルデザイン教育カリキュラムを提供します。ユニビズを活用した人材育成が、企業発信ではない本当の顧客視点に立った商品・サービスの開発を可能にします。

実利用者研究機構の事業案内

実研の収益は、このような活動に活かされています

画像:修学旅行訪問の様子画像:修学旅行訪問の様子

学校支援

実利用者教育の地域格差を解消し、世界に誇る日本の実利用者教育を全ての子どもたちに届けます。修学旅行や大学等からもインターン生を受け入れています。

画像:体験イベントの様子画像:体験イベントの様子

普及・啓発

一般生活者にUD情報を届ける活動をしています。UD情報の地域格差を解消すべく、国内外を問わず一般生活者を対象に客観性のあるUD情報に触れる機会を提供しています。

画像:疑似体験の様子画像:疑似体験の様子

基礎研究

企業・人・商品を成長させるための、基盤となる研究をはじめ支援・普及・啓発活動を行っています。

UD資料館サイトの運営

ユニバーサルデザインとバリアフリーや障がいの関連ニュース総合サイト「UD資料館」運営。「UD資料館」は、多様性別・感心トピック別、研究学問別の最新ニュースを掲載する総合サイト。

UD海外事情サイトの運裏

一般的な海外事情ではなく、本や雑誌、新聞には書いていない、実際にその国に行ってみないとわからない「生」の情報のみを扱う、ユニバーサルデザイン視点の「UD海外事情サイト」の運営。