実際の利用者には、様々な年齢、性別、能力の人がいます。私たち実利用者研究機構は、「利用者の実態とニーズの多様性に対する体系的な知識」と「安全と快適への異なるニーズを両立させる技術」が、企業や学校、社会で起きている様々な問題解決の鍵となることを発見し、その研究開発と教育を15年に渡り行ってきました。私たちは、一人でも多くの企業や学校へその知識や技術が広がり、今ある製品や空間、サービスが変われば、「今まで様々な理由で大切なことを諦めなくてはいけなかった人々がもっと希望を持って生きていける社会」に繋がると信じています。
日本経済新聞 2006年11月6日

【新聞掲載】「人間工学でヒット商品 『使いやすさ』の競争進化」

利用者の立場から検証する「使いやすさ検証済製品」の認証を受けた日立工機 コードレスインパクトドライバー(FWH12DC3)がヒットしており、売れ行きは従来の機種よりも3倍増しであると紹介されています。


日本経済新聞 2006年11月6日(15 面)

シグナル発見
人間工学でヒット商品『 使いやすさ』の競争進化

  • 認証番号:実利用者研究機構認証 第1000002号
  • 商品:日立工機 コードレスインパクトドライバー(FWH12DC3)
  • 出版社:日本経済新聞
  • 発行日:2006年11月6日
  • 関連URL:http://www.nikkei.com

【掲載ページ】※クリックすると拡大します。

日本経済新聞 2006 年11 月6 日(15 面)

メディア掲載について

本件のお問合せや、取材のお申込みなどは、実利用者研究機構(ジツケン)までお問合せください。
また、当サイトに掲載されている記事や画像等の無断転載はご遠慮下さい。
お問合せフォーム