実際の利用者には、様々な年齢、性別、能力の人がいます。私たち実利用者研究機構は、「利用者の実態とニーズの多様性に対する体系的な知識」と「安全と快適への異なるニーズを両立させる技術」が、企業や学校、社会で起きている様々な問題解決の鍵となることを発見し、その研究開発と教育を15年に渡り行ってきました。私たちは、一人でも多くの企業や学校へその知識や技術が広がり、今ある製品や空間、サービスが変われば、「今まで様々な理由で大切なことを諦めなくてはいけなかった人々がもっと希望を持って生きていける社会」に繋がると信じています。
実利用者研究機構本社駒込移転のお知らせ

11月1日、ユニバーサルデザインセンター(仮称)開設準備のため、実利用者研究機構本社を移転

2017年11月1日、ユニバーサルデザインセンター(仮称)開設準備と、さらなるアクセシビリティ向上のため、実利用者研究機構本社を移転いたしました。これに伴い、ワークショップや社会科見学の会場も同所に移転いたしました。

内閣府認証 特定非営利活動法人 実利用者研究機構(理事長:横尾良笑)は、2017年11月1日付で活動拠点を移転いたしました。
移転に伴い登録住所が変更になりますが、電話番号(03-6666-8925)と FAX(03-6685-7443)は引き続き、そのままでお使いいただけます。


移転概要

1. 移転の目的:

ユニバーサルデザインセンター(仮称)開設準備のため

2. 移転日

2017年11月1日

3. 移転後の連絡先

〒170-0003 東京都豊島区駒込1丁目41−15 六義園アビタシオン2階
電話:03-6666-8925
ファックス:03-6685-7443

4. 移転に伴うアクセシビリティ向上について

最寄り駅となる東京メトロ駒込駅には、「エレベーター」と「車いす対応エスカレーター」があることに加え、「車いす対応トイレ」、「乳幼児用設備」、「オストメイト」も設置されています。

移転先施設にも、「エレベーター」や「スロープ」の設備があり、
「車いす対応」「オストメイト用設備」を兼ね備え、
清潔で明るく十分な広さがある「多目的トイレ」がございますので、
安心してご受講いただけます。

5.本社(研修会場)へのアクセス

アクセスについて
●東京メトロ南北線「駒込」駅下車 1番出口より徒歩1分、3番出口より徒歩3分
【エレベーター改札内】南北線ホーム(B2F)⇔南改札コンコース(B1F)
【エレベーター改札外】南改札階(B1F)⇔地上3番出口
出口からの道は平坦で坂道はありません。
南北線駒込駅構内案内図

●JR「駒込」駅下車 南口より徒歩3分
【エレベーター改札内】山手線ホーム(掘割内)⇔北口・南口改札コンコース(橋上)
【エレベーター改札外】南口からは直接外に出られるため不要
南口からの道は平坦で坂道はありません。
JR駒込駅構内案内図

 

駒込駅からUDC研修会場六義園アビタシオンまでの地図

 

 


よくある質問

【質問】旧住所にすでに送ってしまった郵便物は届きますか?
【回答】はい。新住所に転送されます。

【質問】認定証、認定カードはそのまま使えますか?
【回答】そのままお使い頂けます。

【質問】いきなり見学や訪問はできますか?
【回答】できません。修学旅行、社会科見学、集団研修、ご訪問、いずれも必ずアポイントを取っていらしてください。

 


組織概要

組織名:内閣府認証 特定非営利活動法人 実利用者研究機構
所在地:〒170-0003 東京都豊島区駒込1丁目41−15 六義園アビタシオン2階
設立: 1999年9月活動開始、2003年9月5日NPO法人化
代表者: 理事長 横尾 良笑
URL: http://jitsuken.com/


本件に関するお問い合わせ

実利用者研究機構 事務局  担当:岡村
E-mail:info@jitsuken.com
TEL:03-6666-8925 FAX:03-6685-7443
URL:http://jitsuken.com/


メディア掲載・取材・出演依頼について

実利用者研究機構や理事長への取材やテレビ出演の依頼についても、お問合せより承ります。
お問合せ