現在、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されており、実利用者研究機構では、WHOおよび厚生労働省のガイドラインを確認しながら対応を進めております。

厚生労働省からは、現時点では、政府として一律の自粛要請を行うものではないものの、イベント等の開催の必要性を検討の上対応することが求められています。
かつ、参加者の手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加をしないよう依頼をすることなど、感染拡大の防止に向けた対策を講じることが求められています。
ご受講される方は、再度、ご自身およびご所属会社・団体の状況に応じてご受講可否をご判断いただけますようお願い申し上げます。

研修会場での対策

  • 講師・スタッフは、日常における体調管理に努め、うがい、手洗い等の感染予防を励行しております。
  • 感染予防のため、講師・スタッフがマスク着用の上対応させていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 消毒液を用意し、感染予防に努めてまいります。

ご受講いただく皆さまへのお願い

  • 受講当日の体調をご確認の上、お越しいただきますようお願いいたします。
  • 受講時には、うがい、手洗い、マスク着用など、ご自身での感染予防にも努めていただくようお願いいたします。
  • 受講中に体調の変化を感じられた場合は、無理をなさらずに早めにお申し出ください。
  • 状況によって急遽、講習会中止の判断をさせていただく場合がございます。
  • 通常、UDC講座の日程変更は、受講日14日前までが期限となっており、それ以降は有料となっておりますが、今回の状況を踏まえ、事態が収束するまでの間は、前日までの日程変更は無料で対応させていただきます。

受講生ならびに講師・スタッフの健康と安全のため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。