HOME > 事業案内 > 収益金の活用内容

実利用者研究機構が力を入れている非営利活動の紹介

実利用者研究機構の収益金は、様々な非営利活動にいかされています。学校支援では、高校・専門学校・大学へのカリキュラム導入や、社会科見学・修学旅行受け入れ、小中学校への無償ゲストスピーカー派遣などを無料で実施しています。調査研究では、膨大な調査・研究・実践データに基づくノウハウを提供しています。また、基盤研究、それを広めるためのサポートや普及・啓発活動のための事業を行っています。

学校支援

実利用者教育の地域格差を解消し、世界に誇る日本の実利用者教育を全ての子どもたちに届けます。修学旅行や大学等からもインターン生を受け入れています。

写真:修学旅行

高校・専門学校・大学へのカリキュラム導入
社会科見学・修学旅行受け入れ 学校支援の活動報告をみる
小中学校への無償ゲストスピーカー派遣 GRIC(グリック)※外部
UD教材の無償提供
インターンシップの受け入れ
※自閉症等の発達障がいの子どもたちの教育で先駆的な取り組みを進める武蔵野東学園をはじめ、慶応義塾大学やものづくり大学等からもインターン生を受け入れています。

普及・啓発

一般生活者にUD情報を届ける活動をしています。UD情報の地域格差を解消すべく、国内外を問わず一般生活者を対象に客観性のあるUD情報に触れる機会を提供しています。

写真:体験イベントの様子

講演・セミナーでの講話
イベント、学術学会、行政、企業、学校
※講演・セミナーなどのご依頼はお問合せください
主催イベントの開催
ユニバーサルデザイン体験イベント
シンポジウムの開催
展示会 など
イベント・シンポジウムなどの活動報告をみる

「UD資料館」サイトの運営

ユニバーサルデザインとバリアフリーや障がいの関連ニュース総合サイト「UD資料館」運営。「UD資料館」は、多様性別・感心トピック別、研修学問別の最新ニュースを掲載する総合サイト。


UD資料館UD資料館

「ユニバーサルデザイン海外事情」サイトの運営

一般的な海外事情ではなく、本や雑誌、新聞には書いていない、実際にその国に行ってみないとわからない「生」の情報のみを扱う、ユニバーサルデザイン視点の「UD海外事情サイト」の運営。


ユニバーサルデザイン海外事情ユニバーサルデザイン海外事情

基礎研究

企業・人・商品を成長させるための、基盤となる研究をはじめ支援・普及・啓発活動を行っています。

写真:疑似体験の様子

企業実態調査、利用者実態調査
実利用者対応力向上に必要な知識やノウハウに関する研究
調査の手法や効果的な運用方法に関する研究
調査結果を開発へ活かす為の方法の研究
実利用者への教育や情報提供に関する研究
ほか

実利用者研究機構(ジツケン)へのお問合せ・ご連絡は、お問合せフォームをお使いいただく他、お電話・ファックス・メールで受け付けています。
【お問合せ例】・実利用者研究機構(ジツケン)の活動について ・取材のお申込み ・サービスに関するお問合せ ・当サイトについて
実利用者研究機構(ジツケン)
電話:03-6666-8925、ファックス:03-6685-7443、メールinfo@jitsuken.com