HOME > 私たちについて > 代表について

人と企業を育てることは、社会を変える、原動力になる。

私たちには、年齢、性別、障がい、妊娠、国籍等を理由に、大切な事をあきらめなくてはいけない人をゼロにしたいという夢があります。

ユニバーサルデザイン・バリアフリー・ダイバーシティ対応の「当たり前」を「新しい発想」で進化させていく魅力の一つは、「してあげる・してもらう」の関係性を「自分でできる」に変えていく力があることだと思います。

これは、子育て、介護といった生活場面だけでなく、製品改善、サービス改善、職場改善、経営改革、そして、社会にとって、大きなインパクトがあります。

そのために私たちジツケンがやるべき事は、社会を変えていく原動力となる人を育てること、そして、継続発展を支える仕組みを整備すること。

私たちが目指すのは、例えば魚を捕れない人に魚を与えるのではなく、また魚の捕り方を教える人でもない。さらには魚の捕り方を指導できる人を育てるのでもなく、今求められているのは「その人たちにもできる魚の捕り方を、編み出せる人」を育て、活躍するための仕組みを提供することです。

横尾 良笑

横尾良笑(よこお よしえ)横尾良笑(よこお よしえ)
10歳からのイギリス単身留学、カナダの高校卒業を経て、17歳で慶応義塾大学に入学、21歳で卒業。ユニバーサルデザイン教育の第一人者。持ち前の問題解決能力を活かし、UD業界の抱える複雑な問題の根本的な解決を図るべく、独自の研究活動やプロジェクト実績を基盤に、2000年に実利用者研究機構の前身の日本ユニバーサルデザイン研究機構を創設、2003年に特定非営利活動法人として内閣府からの認証を受け法人化。
同時に理事長に就任。

主な役職、経歴等

  • 実利用者研究機構 理事長
  • 厚生労働省「公的年金の分かりやすい情報発信モデル事業検討会」構成員
  • 経済産業省「UD指標化・標準化委員会」委員
  • Yokoo Yoshie Institute 代表
  • ソニー株式会社より2007年デザイン部門感謝状、授与。
  • 平成28年度〜平成31年度用「中学校1・2・3年生向け教科書『新編 新しい技術・家庭(家庭分野)』」に掲載。※「教科書に載っている仕事人」特集でデジタル教科書の内容をご覧いただけます。

横尾理事長の仕事の例

厚生労働省

「公的年金の分かりやすい情報発信モデル事業検討会」の構成員

公的年金の分かりやすい情報発信モデル事業検討会のようす公的年金の分かりやすい情報発信モデル事業検討会のようす

横尾良笑理事長が、厚生労働省「公的年金の分かりやすい情報発信モデル事業検討会」の構成員としてご指名頂き、「国民向けの情報発信」の他に「自治体の窓口業務改善の為のサポートツール導入」等のアドバイザリとして参加しました。
LinkIcon厚生労働省ホームページ

経済産業省製造産業局

「生活文化産業対策調査 ユニバーサルデザイン製品の指標化・性能表示に関する 調査報告書」

経済産業省製造産業局経済産業省製造産業局

横尾良笑理事長が、ユニバーサルデザイン指標化・性能表示調査委員会の委員として「平成 18 年度 生活文化産業対策調査 ユニバーサルデザイン製品の指標化・性能表示に関する 調査報告書」にて評価しています。
LinkIcon経済産業省ホームページ

ビジネス・ブレークスルー

【講演・セミナー】ビジネス・ブレークスルー「組織人事ライブ」に出演

ビジネス・ブレークスルービジネス・ブレークスルー

横尾良笑理事長が、スカパー!557ch ビジネス・ブレークスルー「組織人事ライブ」に、日本のユニバーサルデザインの第一人者としてゲスト出演
LinkIconビジネス・ブレークスルー「組織人事ライブ」

当機構設立までの経緯とその後の活動

1992年 8月
10歳の時、ロンドンへ単身留学。UDへ進むきっかけとなる気づきを得る。
1997年 9月
カナダのコーンウォリス高校に入学。
在学中に研究活動の一環として、「人の魅力における感じ方の差異」調査、成人した知的精神発達障がい者施設訪問および家族サポートボランティア、臨床心理士インターンシップを実施。
その延長として、まだ白黒だったアップルコンピュータで、インターネットとオブジェクト指向プログラミング言語 (object-oriented programming language, OOPL)を用いた、知的精神発達障がい者向けの心療内科受診システムを制作、検証。
1999年 9月
コーンウォリス高校を2年で卒業し、17歳で慶応義塾大学総合政策学部に入学。
2001年 7月
慶応義塾大学と共同で「建造物・自動販売機における点字掲示法の統一規格」作成プロジェクトを実施。
いたらないUD業界の現状を目の当たりにし、UD業界の抱える問題の複雑さと根深さを実感。
2003年 3月
UDの実験的取り組みとして「生活シンクロ型UD体験カフェ」を主催。
2003年 5月
持ち前の問題解決能力を活かし、UD業界の抱える複雑な問題の根本的な解決を図るべく、ジツケンの前身となる「日本UD検定協会」創設。
2003年 9月
慶応義塾大学卒業。内閣府から特定非営利活動法人の認証を受け「日本UD検定協会」を法人化。茅ヶ崎ルミネにて「UD体験イベント」を主催。テレビ新聞等で取り上げられる。
本イベントと平行して、文具や食器から家具や住宅設備、教材まで、「70品目に及ぶUD商品に対する1,000人規模のユーザービリティ調査」や「UD取組み企業100社へのディープインタビュー」を実施。
自ら手と足を動かして徹底的な調査や検証を行う横尾の元に、多種多様な機関から講演・指導依頼が殺到。
2003年 12月
国会図書館に所蔵されるUD関連書籍・論文を中心に約1年間かけて438点を読破。
「日本ユニバーサルデザイン研究機構」と名称を改正。
2005年 3月
愛知万博「愛・地球博」(日本国際博覧会)にて講演。
2005年 9月
経済産業省「UD指標化・性能表示委員会」委員に就任。 
TV番組「よみがえれニッポン」(CS朝日ニュースター)レギュラーコメンテーター就任。
2007年 3月
スウェーデンからシルヴィア王妃が来日、御昼食会に出席し、認知症緩和ケアについて直接お話をお伺いする。
2008年 4月
ソニー株式会社より、ソニーデザインに対する功績について感謝状を贈られる。
2011年 3月
東日本大震災発生時、気仙沼市本吉町より要請を受け、2日後、ヘリコプターで現地入り。
緊急支援活動を実施。
2014年 8月
厚生労働省「公的年金の分かりやすい情報発信モデル事業検討会」構成員として指名される。
2014年 11月
「実利用者研究機構」と名称を改正。

→ジツケンの沿革はこちらをご覧ください

実利用者研究機構(ジツケン)へのお問合せ・ご連絡は、お問合せフォームをお使いいただく他、お電話・ファックス・メールで受け付けています。
【お問合せ例】・実利用者研究機構(ジツケン)の活動について ・取材のお申込み ・サービスに関するお問合せ ・当サイトについて
実利用者研究機構(ジツケン)
電話:03-6666-8925、ファックス:03-6666-8926、メールinfo@jitsuken.com
※2015年1月25日より電話番号/FAXが変更になっております。