経団連 生活サービス委員会ユニバーサル社会部会が開催され、当機構の岡村正昭CEO ならびにLIXILの星野亨マーケティングストラテジー統括部長が 、ユニバーサル社会実現に向けて取り組むべき事項等について講演を実施しました。


経団連 生活サービス委員会ユニバーサル社会部会

【開催概要】
  • 2018年12月20日(木)
  • 講演者:岡村 正昭

タイトル「ユニバーサル社会の創り方‒経済界と企業が具体的にできること!」

【講演内容】
  • 実利用者研究機構が考えるユニバーサル社会のあり方
  • 経済界としてUDを推進する上で、社会貢献にとどまらない、経済効果の観点をいかに導入していくべきか?
  • ユニバーサル社会の実現にあたって、経済界として今後取り組むべき課題
【関連記事】

週刊 経団連タイムス
http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2019/0131_08.html


研修依頼・講習案内・アドバイザリ依頼について

実利用者研究機構では、「障害者差別解消法への対応」や「防災対策」「商品企画」「サービス開発・改善」「御使用防止」などのテーマ別研修から、新人研修や役員向け研修などの今ある商品やを新しい視点で改善していくための「スキルアップ研修」まで、様々な研修を行っています。ジツケンの研修でしか知ることのできない、豊富な経験に基づく具体例に定評があります。集団研修や、セミナー・講演のご依頼やアドバイザリのご依頼は、お問合せより承ります。