第15回 国立病院機構 近畿学生フォーラムが開催され、当機構の岡村正昭CEOが 、看護学生、医療専門学校、病院関係者約1,000名に「これからの医療現場に求められるユニバーサルデザイン」ついて講演を実施しました。

【開催概要】

2019年7月12日(金)
独立行政法人 国立病院機構 近畿グループ(https://kinki.hosp.go.jp
テーマ「広げて つなげて 深まれ絆」

【講演内容】

「これからの医療現場に求められるユニバーサルデザイン」

講演者:岡村 正昭

実利用者研究機構が考える「医療の現場で求められるユニバーサルデザイン」 。
これから、ますます多様化が進む看護の現場に就職していく看護学生たちへ、患者だけでなく、同じ職場の看護士や医療関係者、病院も含めた実利用者に求められユニバーサルデザインの考え方について、講演してきました。

立病院機構 第15回 近畿学生フォーラム
講演会:岡村 正昭 「これからの医療現場に求められるユニバーサルデザイン」