令和2年12月1日から令和3年2月15日まで、新宿区「ユニバーサルデザインまちづくり条例適合証シンボルデザイン」の募集が開始されています。実利用者機構(以下、ジツケン)の岡村正昭CEOが、有識者として参加します。

応募資格は、区内在住・在学・在勤の方、その他新宿と関わりのある方(プロ・アマチュア・年齢・国籍問わず)とのことです。多くの方の目に触れる機会のある適合証になると思いますので、ご興味がある方はぜひ応募してみてください。

新宿区「ユニバーサルデザインまちづくり条例適合証シンボルデザイン」募集要項
https://www.koubo.co.jp/system/contest/shinjukuud/

新宿区ユニバーサルデザインまちづくり条例
https://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/keikan_01_000001_00005.html

「ユニバーサルデザインまちづくり条例適合証シンボルデザイン」募集ポスター表
「ユニバーサルデザインまちづくり条例適合証シンボルデザイン」募集ポスター裏

研修依頼・講習案内・アドバイザリのご依頼について

実利用者研究機構では、「障害者差別解消法への対応」や「防災対策」「商品企画」「サービス開発・改善」「御使用防止」などのテーマ別研修から、新人研修や役員向け研修などの今ある商品やを新しい視点で改善していくための「スキルアップ研修」まで、様々な研修を行っています。ジツケンの研修でしか知ることのできない、豊富な経験に基づく具体例に定評があります。集団研修や、セミナー・講演のご依頼やアドバイザリのご依頼は、お問合せより承ります。
→ お問い合わせ